講習会案内

 

 

 以前NHK総合テレビで放映された「NHKスペシャル−トヨタ自動車の技能教育システム」で技能教育の特殊性が強調されていました。
それは、全 世界で年間1000万台も生産するトヨタでも技能教育はマンツーマン教育の積み重ねだということです。
その方法は、一人の教官が2、3名の教官候補社員を一対一 で見守りながら個々の技能をチェックするというものでした。
どんな技能でもしっかりと身につけるには、一つ一つの技能をしっかりと出来るように練習して積 み上げる方式しかないのです。

 私は
ゆがみ取りSPATの 修得も全く同じことだと考えています。
ゆがみ取りSPATは、ビデオや写真で一見単純で簡単そうに見えます。
しかし、過去の講習会の経験からビデオを見て「こんな感じかな」と実施している人は、姿勢、タイミング、抵抗力の強さ、矯正の方向・幅・切れが正確に再現されていません。
考えてみれば当たり前の話で、例えばプロゴルファーの松山英樹のスイングビデオを何千回みても、レッスンプロに見てもらいながら練習しなければ上達しないようなものです。
 つまり、たとえ十数名程度の受講生でも一つ一つのステップを見ながら個々に実技指導をするこ とは不可能なのです。
こうした欠点をなくすためには、一人の指導者が少数の講習生にマンツーマンで指導するしかありません。従って、
ゆがみ取りSPATの講習会は一人の指導者が数名を受け持つグループレッスンが原則となります。




 
効率的なSPAT修得の流れ  
1.参考書・DVDを見て手順を覚える  
   まず初めにゆがみ取りSPATの概略をつかむため、医道の日本社より刊行されている5分でできる「骨盤矯正法SPAT」と「SPAT−頚椎・胸椎編−」DVDを見て手順を覚えます。
 仙腸関節、上部胸椎について「動診→操体法→矯正」の手順を覚えたら、身近な人にモデルになってもらい治療の手順が考えずスムーズにできるようになるま で反復練習します。このとき絶対に事故を起こさないよう矯正は弱すぎるぐらいで行います。

 治療手順をその都度思い出さなくても自然と進めることができるようになったら、ゆがみ取りSPATのマニュアル本である源草社発売の「SPAT−超短時間骨盤矯正法−」を一読します。続いて手順を記憶した各SPATに沿ってマニュアルの該当ページを読み、DVDを見たときに「何となくこんな感じでするのかな」と思っていた手技のポイントをチュックして修正します。

 ここまで進めばある程度ゆがみ取り
SPATの効果を実感できるようになるので、親しい人を相手にモデルになってもらいモデルの気持ちよさを目安に操体法や矯正の強さ、抵抗時間、方向などを試します。


 
2.効果を高めるための講習会受講  
   何人かの人を対象に一定期間治療練習をすると、正しい抵抗の強さ、保持時間、脱力の仕方、間合いの取り方、矯正の方向・強さ・姿勢などいくつもの疑問点が集積していきます。そうした疑問点がある程度貯まった 時点で認定講師の主催の講習会ないしスポーツフィールド主催の講習会を受講します。

 初回はSPATの基礎となった操体原理の解説を聞き、治療上判断に困ったときの対応法を学びます。 次に指導講師・グランドマスタートレーナーから正しく効果の上がるSPATを一対一で出来るようになるまで指導を受け、講習会後は忘れないうちに身につくまで反復復習します。
2回目以降は前回履修した
SPATが正しく身についているかどうかチェックを受け、誤解している点・忘れている点を修正し、その後新しい段階のSPATを練習します。
指導講師ないしグランドマスタートレーナーは、本やビデオの出版以後開発された最新の技術や知識を身につけていますので、講習会を受講すればそうした技術・知識も習得できます。

 各団体の講習会で一定水準以上の知識と技術が習得されたと認められたときは、指導講師ないしグランドマスタートレーナー認定試験と開発者鹿島田忠史の筆記試験を受けられます。
認定試験に合格するとSPATの認定セラピストないし認定トレーナーの資格を取得し、登録商標であるSPATを標榜して施術ないし骨格調整が可能となります。


 
3.講習会の日時・参加人員・会場・費用  
 

講習会は医療専門家向けとトレーナー向け講習会があります。
開催日時、参加可能人員、会場、費用など講習会の詳しい内容は各団体の連絡先までお問い合せ下さい。

A)医療専門家向け講習会
対象者:医院・病院、整骨院、鍼灸院、接骨院などを経営する院長と院長が推薦するスタッフ

1.緑ヶ丘鍼灸整骨院

1)担当講師:谷貝 智宏(緑ヶ丘整骨院院長・指導講師・マスターセラピスト)

2)開催場所:緑ヶ丘鍼灸整骨院(出張希望の場合は応相談)

〒243-0817  神奈川県厚木市王子1-1-21 シェルバレー101
TEL/FAX 046-222-1414
URL:http://midoris.info/

3)開催可能日時:木曜日午後(※その他の曜日希望は応相談)

4)受講可能人数: 1人から参加可能、上限は6人まで
 ※1人の場合は患者役のモデルを用意してください

5)実技講習の回数と各回の時間:3〜5回、各3時間

6)講習料: 1回3時間・2万円

7)受付窓口と連絡方法:
 受付窓口:緑ヶ丘鍼灸整骨院
 申込み方法:メール(midori@midoris.info
 受付担当者:谷貝(やがい)智宏

8)主催者よりのメッセージ

SPATの技術導入・運用の仕方だけでなく、実費治療の売上アップのための戦略戦術、店舗展開、スタッフ間のコミュニケーション力アップ等、個別のニーズに合わせて何でもご相談に乗らせていただきます。

2.あかり接骨院

1)担当講師:石川 明人(あかり接骨院院長・指導講師・マスターセラピスト)

2)開催場所:あかり接骨院(場合により江戸川区瑞江・亀戸)

住所:〒274-0805 千葉県船橋市二和東5-22-17 日商ニューハイツ101
電話:047-498-9399
e-mail:akito.ishikawa@gmail.com

3)開催可能日時:受講者と相談

4)受講可能人数: 1人から参加可能。複数でもOKです。
 ※1人の場合は患者役のモデルを用意してください

5)実技講習の回数と各回の時間:回数は受講者と相談、1回90分の座学、90分の実技

6)講習料: ¥54,000円(一括)、¥13,500円(都度払い、4回)

7)受付窓口と連絡方法:
 受付窓口:あかり接骨院ホームページ http://www.akarisekkotsuin.com/menu.html
 申込み方法:メール(akito.ishikawa@gmail.com)、院長のFacebookメッセージなど
 担当者:石川 明人

8)主催者よりのメッセージ

操体原理を基本とした身体の診方やパキパキやらない安心安全なSPAT療法は私の治療の根幹です。 対象となる年齢層、病院で改善しなかった疾患でも驚くような経験をさせて頂いております。
それもひとえに操体原理とSPAT療法を習得して自信がついたものでもあります。
身体の原理原則を知ればこれからの厳しい時代も乗り切れるものと考えております。
それは、80年も前に橋本敬三医師が考案し、医療の進歩に関わらず「気持よかったは身体によい」 が、未だに継承されていることが何よりの証拠だと思います。
機械と違い頭や手に身につけた知識や技術は離れません。
そんなSPAT療法を一緒に学びませんか?

3.ワンネスみなとみらい

1)担当講師:金子 徹(かねこグループ総院長、指導講師・マスターセラピスト)
       吉澤 亮(よこはま鍼灸整骨院院長、指導講師・マスターセラピスト)

2)開催場所:たまプラーザ鍼灸院

〒〒225-0002 神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-6-4
電話 045-905-5860
URL:http://www.tamaplaza-shinkyu.com/

3)開催可能日時:日曜日10:00〜17:00

4)講習料: 1回1万円

5)受付窓口と連絡方法:
 受付窓口:〒221-0802 神奈川県横浜市神奈川区六角橋4-5-28
 申込み方法:090-1466-7070(受付:平日9:00〜18:00)に電話
 受付担当者:金子 徹

4.よこはま鍼灸整骨院 仲町台本院

1)担当講師:吉澤 亮(よこはま鍼灸整骨院院長、指導講師・マスターセラピスト)

2)開催場所:よこはま鍼灸整骨院 仲町台本院

 〒224-0041神奈川県横浜市都筑区仲町台1-6-11スペランツァ仲町台201
 電話045-947-0633
 メール:rod_nakamachidai@yahoo.co.jp

3)開催可能日時:水曜日・土曜日(夕方から)・日曜日

4)受講可能人数:6名まで

5)講習料: 3時間2万円

6)受付窓口と連絡方法: 開催場所と同じ

7)主催者よりのメッセージ

ゼロから個人の能力に合わせて細かく指導します。

5.まえさき鍼灸治療院

1)担当講師:立松 康宏(まえさき鍼灸治療院院長・指導講師・マスターセラピスト)

2)開催場所:まえさき鍼灸治療院(会場は変更される場合があります)
(講習会の出張を希望の場合はご相談下さい)

 〒475-0863 愛知県半田市前崎東町47-1
 電話:080-2630-0864
 メールアドレス:yasubetamada3nd@yahoo.co.jp

3)開催可能日時:木曜日午後(日程もご相談させていただきます)

4)受講可能人数: お二人まで
 (お一人の場合は患者のモデルのご用意をよろしくお願いいたします)

5)受講資格:医療資格所有者

6)実技講習の回数と各回の時間:3〜5回、各3時間

7)講習料: 1回3時間・2万円

7)受付窓口と連絡方法: 開催場所と同じ

8)主催者よりのメッセージ(講習会の特徴)

SPATは適応症状が広く、エビデンスもしっかりしているため、患者様に安心して施術を受けて頂けます。あらゆる分野で応用が効きます。 あなたの求めている患者様に喜んでいただけるよう、一緒に学んでいきましょう。

5.ながまつ整骨院

1)担当講師:長松 剛(ながまつ整骨院院長・指導講師・マスターセラピスト)

2)開催場所:ながまつ整骨院

 住所:〒133-0065 東京都江戸川区南篠崎町2-12-14 1F
 電話:03-5243-8117
 e-mail:genkiyasi.miz@gmail.com

3)開催可能日時:受講者と相談

4)受講可能人数:1人から参加可能。複数でもOKです。
 ※1人の場合は患者役のモデルを用意してください

5)実技講習の回数と各回の時間:回数は受講者と相談、1回90分の座学、90分の実技

6)講習料:¥54,000円(一括)、¥13,500円(都度払い、4回)

7)受付窓口と連絡方法:
 受付窓口:ながまつ整骨院HP https://www.genkiyashi.net
 申込み方法:HP問い合わせホームまたはメール(genkiyasi.miz@gmail.com)、
 院長のFacebookメッセージなど  
 担当者:長松 剛

8)主催者よりのメッセージ
『ゆがみ取りSPAT』は快適理論を基とした身体の診方やバキバキしない安心安全な骨格矯正(骨盤・上部胸椎・上部頸椎)が学べます。対象となる年齢層も幅広く、子供から高齢の方まで対応できますので、色々な悩みに対応ができるのが魅力です。学んでみたいという方、相談したいという方は一度、ご連絡ください。

 

B)トレーナーのためのSPAT講習会

対象者:トレーナーないし運動指導者

1.スポーツフィールド行田・スポーツフィールド羽生

1)担当講師:大石 真隆(スポーツフィールド社長、SPATグランドマスタートレーナー)

2)開催場所:

(1)スポーツフィールド行田
 〒361-0031 埼玉県行田市緑町8−8
  電話:048-553-1666  FAX:048-553-1722
(2)スポーツフィールド羽生
 〒348-0052 埼玉県羽生市東5−17−31
  電話:048-563-0555  FAX:048-563-1607

3)開催可能日時:相談により決定・完全予約制

4)受講可能人数: 1〜6名

5)講習料:20万/1名・16万/2名・14万/3名・12万/4名・10万/5〜6名
      内容:操体原理・骨盤SPAT・胸椎SPAT・頸椎操体法

6)受付窓口と連絡方法:
 電話:042-583-9025
 受付:平日9:00〜18:00  
 Mail:office@sportsfield.co.jp
 担当:SPATグランドマスタートレーナー 大石 真隆

7)主催者よりのメッセージ

SPATでは身体のバラスを整えることができます。
トレーニングやストレッチとうまく組み合わせ、より効果的にクライアントの悩みへアプローチし、トレーナーとして大きな武器になるに違いありません。

ホームページ:http://www.sportsfield.co.jp/spat_a.html


 
     
  SPAT UNION CLUB事務局
〒140-0014 東京都品川区大井4-9-8 誠快醫院内
TEL/FAX 03-3773-0318   
e-mail:info@seikai.com
 
                                                   update 2019.8.7